2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灰色の秋

季節の変わり目

こうゆう時こそやられ易いと解っているのに・・・

気分が優れない。

風邪をひいた様だ。


灰色の秋


外を見ると灰色の秋が広がっていた。

気分の優れない日にはうってつけだ。

Ras(感情)とはよく言ったもんだ。



こんなのたまたま見つけたら結構今日の気分と合っている。


只の西洋人じゃなさそうだ。

歌い廻しは中々。どっかで古典を学んだのだろうか。

灰色の秋。






日没


動き続けて 変わり続けて

太陽と共に

海も河も人々も

太陽と共に


もし あなたを二度と離さなくても

もし 私がいつも孤独であっても

もし あなたに二度と会えなくても

もし 太陽と共にあったなら 太陽と共にあったなら


涙流れて 雨は流れて

太陽と共に木葉が散る

生は流れて

種は流れて

世界は太陽と共に流れる



あなたを離さなくても

いつも孤独であっても

二度と会えなくても



海も 河も 人も

この世は太陽と共に


sunset.jpg






スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rainbowsound.blog137.fc2.com/tb.php/136-447c384e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リターン・フロム・ザ・ダークサイド «  | BLOG TOP |  » 遠足日和

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Live Concert (8)
音 (12)
風 (29)
火 (10)
水 (19)
地 (28)
夢 (17)
追憶 (16)
未分類 (0)
リリカル・マエストロのつぶやき (30)
エーテル (4)
平均顔日和 (20)

プロフィール

MitchieBlackmore

Author:MitchieBlackmore
20世紀末期からシタールを通じて
インド音楽を学んでいます。

98年からインドにてシタールをデバシーシ・サニャル氏、モニラル・ナグ氏に師事。2004年より自らも居を名古屋近郊に移し名古屋市在住のアミット・ロイ氏に師事し研鑽を積む。{銀の旋律}や毎年行われる門下生のコンサート{月音}等に参加。


甘党B型+α

どうぞよろしく。

アバル・デカホベ

リンク

このブログをリンクに追加する

ライブ情報

日時11月26日(日)開場17:00/開演17:30 入場料 1,000円(中学生以下無料)会場 揚輝荘(南園) 聴松閣 多目的室〒464-0057名古屋市千種区法王町2-5-17 地下鉄 覚王山駅より徒歩10分 主催 北インド古典音楽研究会 ご予約・お問い合わせ  fukusuke911@nifty.com (会場に駐車場はありません)

演奏依頼、リクエスト、その他問い合わせは下記からどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。