2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サマー・タイム・ブルース その壱

今日も暑いな。ついに夏の到来か。 

俺ん家は相変わらずクーラーも無いのに。

どうしたものか。きっと今年も変わらないだろう。

Madness & Toughness  の二言を

その日淹れるコーヒーに混ぜてみる。


2013 summer 12

朝外に出ると軒先に夏野菜の小山が盛られている。

誰だろう。 {ごんぎつね}だろうか。

恐らく彼の意に反して野菜達はスパイスで炒められレモン汁をかけて食されるだろう。


2013 summer 9


夏は熱風の吹き荒れるテントの下で始まった。

物珍しさからか、ちびっ子は興味深げに妙な楽器を抱えた我らを見ている。

思った以上に幼少期の記憶とは後年に影響するものだ。

あの子が私の歳になった時同じ様な光景に出会ったら何を思うだろう。

2013 summer 13


外は音響が難しい。

しかし良い具合で音が逃げてゆくのを感じられる時もある。

冬ではそれは起こらない気がする。暑さと熱気とは違うものだ。

何にしても永らく思い描いていたものが断片的にでも

現実として返ってくる瞬間が

私はとても好きなのだ。


2013 summer 11


光はどこから来るのか?

答えを探し当てた所で待っているのはきっと落胆だ。

血液に麦酒が混じっていると

水の中に入ってそれを確認したくなったりするから

困ったものだ。

2013 summer 10


これは眼鏡なしの私の視界か?

ビアガーデンから出た一行は繁華街の真ん中にあるモニュメントの前でたむろしている。

相変わらず暑いのだが、この場所は何故か心地よい。

思春期にこんな風にして仲間達とコンビニでビールを買い込んで飲み明かしたものだ。

恐らく彼らは今はそんな頃の記憶は何処へやら、会社の出来高やら、

子供達の偏差値の事なんかを考えているのかも知れない。

未だそういったものと関わりの薄い自分は

永遠の思春期にありそうな大人達と

こうして楽しく呑んでいる。



2013 summer 7


あたしの名はナナ。

あたしは永久に名古屋無駄美人協会会長。

あたしはいつだってのっぽで色白でスレンダー。

誰しもこうして足を留めて素敵なあたしに見惚れるの。



2013 summer 6


でもね。

40年もこうしてるとね。

色々想うことが無い訳じゃないのよ。

楽な仕事なんて何処を探したって無いし、

楽な人生を送りたいなら何処かで沢山鍛錬したり、努力しないと無理なのよ。

そうしたからってそうなる保証がある訳じゃないしね。


今日は心配事少なそうじゃない。

いつもと違うヘアスタイルだけど

あれこれ余計な事なんか考えず

東京を楽しんでらっしゃい。

じゃあまたね。







スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rainbowsound.blog137.fc2.com/tb.php/167-fcb1fdca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サマー・タイム・ブルース その弐 «  | BLOG TOP |  » 黎明期の少年

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Live Concert (8)
音 (12)
風 (29)
火 (10)
水 (19)
地 (28)
夢 (17)
追憶 (16)
未分類 (0)
リリカル・マエストロのつぶやき (30)
エーテル (4)
平均顔日和 (20)

プロフィール

MitchieBlackmore

Author:MitchieBlackmore
20世紀末期からシタールを通じて
インド音楽を学んでいます。

98年からインドにてシタールをデバシーシ・サニャル氏、モニラル・ナグ氏に師事。2004年より自らも居を名古屋近郊に移し名古屋市在住のアミット・ロイ氏に師事し研鑽を積む。{銀の旋律}や毎年行われる門下生のコンサート{月音}等に参加。


甘党B型+α

どうぞよろしく。

アバル・デカホベ

リンク

このブログをリンクに追加する

ライブ情報

日時11月26日(日)開場17:00/開演17:30 入場料 1,000円(中学生以下無料)会場 揚輝荘(南園) 聴松閣 多目的室〒464-0057名古屋市千種区法王町2-5-17 地下鉄 覚王山駅より徒歩10分 主催 北インド古典音楽研究会 ご予約・お問い合わせ  fukusuke911@nifty.com (会場に駐車場はありません)

演奏依頼、リクエスト、その他問い合わせは下記からどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。