FC2ブログ

2018-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サマー・タイム・ブルース その弐

2013 summer 28

それは突然の訃報であった。



2013 summer 27


いつもは一束を二つに分けて献花するのだが、この時は何故か二束買い求める。
無意識に鬼才歌手の死を悼んでいたのだろうか。御先祖様には申し訳ないが。


2013 summer 26


鬼才や天才は休んでいてはきっと良くないんだよ。

走り続けてれば良かったのに。

余りに哀し過ぎる最期だ。



2013 summer 3

私も旅が好きだ。

5年で5億浪費する旅なんて想像もつかないけどね。

しかし旅で得られるものは使った金額と比例するものでも無い。

彼女は何を得たのだろう。


2013 summer 23


赤く咲くのは けしの花

白く咲くのは ゆりの花

どう咲きゃあ良いのさ このあたし

夢は  夜ひらく



2013 summer 22

秋の気配がしている。

それはいつにも増して哀愁を帯びていそうだ。



2013 summer 29

R. I. P. Keiko Fuji 1951~2013

Forever....







スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rainbowsound.blog137.fc2.com/tb.php/168-14de9e80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サマー・タイム・ブルース その参 «  | BLOG TOP |  » サマー・タイム・ブルース その壱

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Live Concert (8)
音 (12)
風 (29)
火 (10)
水 (19)
地 (28)
夢 (17)
追憶 (16)
未分類 (0)
リリカル・マエストロのつぶやき (30)
エーテル (4)
平均顔日和 (20)

アバル・デカホベ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。