FC2ブログ

2018-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自信と笑い その参

JS  このシタールはどの木を使って作られていますか?

NK   トゥンと呼ばれる木です。とても良いトゥンがマハラシュトラやバンガロールなどインド南西部で採れます。トゥンがシタールのボディの大部分を占めます。この部分は南瓜です。トゥンバと呼ばれます。南瓜を乾燥させたものです。中身をくり貫いて太陽の下で乾燥させたり様々な工程を経て作られます。この表面の部分はその上に貼り合わせてあります。こちらのネックの表面部分は他の木を貼り合わせます。シタールは幾つかのパーツを一体化して組み立てられています。

JS  メインになる弦と共鳴弦は幾つありますか?

NK  これらの下部の弦はタラフと呼ばれます。これらとは別に上部の弦もあって、一弦は旋律を奏でる為に使います。

JS   バージ・スタイルですね。

NK   そうです。そして二弦目はジョリと呼ばれる銅製の弦を使います。あとはチカリ・パンチャムとチカリ弦です。(イムダッドカーニー・ガラナは計6弦、マイハール・ガラナは計7弦全て使う。)


JS  その楽器特有の響きは何処から来るのでしょうか。それは空洞のボディに共鳴弦が張ってあるからですか?

NK  その通りです。この響きにはそれぞれ出処があります。その一つはタラフと呼ばれる共鳴弦からです。こうすれば・・・(実演してみる)あなたにも共鳴弦の残響が聴こえると思います。それとこの特有の響きはこの楽器の持つサスティーンも含まれます。このようにミーンドすれば・・・(実演してみる)伸びやかに消えてゆく音もシタールの響きの特徴です。

JS  なるほど。数あるテクニックの一つでミーンドを使うと思いますが、ムルキもまたあなたの得意とするテクニックだと思います。それも見せて頂けますか?

NK   典型的なムルキはこんな感じです・・・・・・・・・(実演してみせる)

JS   繊細な音ですね。

NK  そうです。これらの左手の使い方はムルキとかジャムジャムと呼ばれます。

JS   ムルキとは基本的に小刻みに揺れる音を指すのですね。

NK   そうです。

JS   その解りにくく、細かい音で聴衆を撒くとも受け取れますが。

NK  全くその通りです。

JS  ではそれを見せてください。

NK   (実演してみせる)・・・・これらに細かい音が幾つも入っています。この部分で{聴衆を撒く}とも言えますね。

JS   分かりました。シタールの共通したテクニックについてあと2、3伺います。あなたはガマクも使います。ボーカルや他の楽器でも共通した技ですが、ガマクとはどうゆうものかそれも実演して頂けますか?

NK   ガマクとは2つの音の間を行き来する事です。ガマクにもそれぞれやり方があります。例えば・・・・

(実演してみせる)


これがガマクです。私は今二つの音の間を行き来する時そのように演奏していました。

JS  OK。ではここで休憩を入れましょう。次回はあなたのその素晴らしい腕前について詳しく述べて頂きます。それと多くの人々が噂していますが、ジミ・ヘンドリックスの様にシタールを操れる秘訣についてもお願いします。

NK   (薄ら苦笑い)


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rainbowsound.blog137.fc2.com/tb.php/198-5203dd37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自信と笑い その四 «  | BLOG TOP |  » 自信と笑い その弐

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Live Concert (8)
音 (12)
風 (29)
火 (10)
水 (19)
地 (28)
夢 (17)
追憶 (16)
未分類 (0)
リリカル・マエストロのつぶやき (30)
エーテル (4)
平均顔日和 (20)

アバル・デカホベ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。