2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部外者がもたらすもの


風が随分とドライになったし朝に寒さも感じるようになって来た。
この近辺は稲の刈り取りは遅くこの時期になってもまだ重そうな稲穂が垂れたままになっている。



秋にはどうゆう訳か印象的な曲に出会う事が多い。



今年はコレだったが、いつかは忘れたが結構前に聴いた事がある。検索するとバグダッド・カフェというタイトルが出てきた。興味が湧いたので見てみた。



いいねこれ。
気に入いった。



自分にとってはジム・ジャームッシュとかヴィンセント・ギャロ的なテイストがする。主人公が部外者のドイツ人であるのは何故だろうと思っていたがアメリカ映画にみせかけておいて実はドイツの作品である。



自分は部外者、外国人に対しては結構警戒してしまう方だが、これを見ていたら何だか彼らが持つ利益や可能性について考える様になった。逆の立場で自分が外国人の部外者として何処かに行った時の事としても。


20140614214132.jpg








たまに帰路に太っちょのおばさんを見たりすると特に意味も無く口ずさみたくなる。

 can,t you hear me, I I I ii i am calling you......








スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rainbowsound.blog137.fc2.com/tb.php/220-ad8e1661
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

守破離のススメ «  | BLOG TOP |  » G線上のファンダンゴ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Live Concert (8)
音 (12)
風 (29)
火 (10)
水 (19)
地 (28)
夢 (17)
追憶 (16)
未分類 (0)
リリカル・マエストロのつぶやき (30)
エーテル (4)
平均顔日和 (20)

プロフィール

MitchieBlackmore

Author:MitchieBlackmore
20世紀末期からシタールを通じて
インド音楽を学んでいます。

98年からインドにてシタールをデバシーシ・サニャル氏、モニラル・ナグ氏に師事。2004年より自らも居を名古屋近郊に移し名古屋市在住のアミット・ロイ氏に師事し研鑽を積む。{銀の旋律}や毎年行われる門下生のコンサート{月音}等に参加。


甘党B型+α

どうぞよろしく。

アバル・デカホベ

リンク

このブログをリンクに追加する

ライブ情報

日時11月26日(日)開場17:00/開演17:30 入場料 1,000円(中学生以下無料)会場 揚輝荘(南園) 聴松閣 多目的室〒464-0057名古屋市千種区法王町2-5-17 地下鉄 覚王山駅より徒歩10分 主催 北インド古典音楽研究会 ご予約・お問い合わせ  fukusuke911@nifty.com (会場に駐車場はありません)

演奏依頼、リクエスト、その他問い合わせは下記からどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。